アスタリフト クリームの成分について解説

アスタリフトのクリームの全成分について解説していきます。

クリームはうるおいのヴェールで肌を包み込み、美容成分をしっかり肌に閉じ込めハリと弾力を与えてくれます。ピン!とリフトアップされたような心地よい感触でハリ肌に自信を。

それではアスタリフト クリームの全成分をみていきましょう。

30g 5,500円(税込)

販売名:AL クリームS

全成分

水、BG、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル、ベヘニルアルコール、グリセリン、PEG-75、メドウフォーム油、ステアリン酸ポリグリセリル-6、ジメチコン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、ペンチレングリコール、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、バチルアルコール、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、メマツヨイグサ種子エキス、アセチルヒドロキシプロリン、トコフェロール、ローヤルゼリーエキス、オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸スクロース、レシチン、ダマスクバラ花油、ステアロイルグルタミン酸Na、水添レシチン、キサンタンガム、EDTA-2Na、香料、フェノキシエタノール

アスタリフトに欠かすことのできない赤のうるおい成分であるヘマトコッカスプルビアリス油(アスタキサンチン)とトマト果実エキス(リコピン)に加え、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、アセチルヒドロキシプロリンの3種のコラーゲン、メマツヨイグサ種子エキス、ローヤルゼリーエキス、スクワランと保湿美容成分がしっかり入っています。

香りはダマスクローズの肌と心に優しく香る高貴な香りで、ダマスクバラ花油と香料からきています。防腐剤はフェノキシエタノール。BGが水の次にきているので、保湿、保水、防腐効果もあります。グリセリンはコラーゲンや水性成分と相性がいいので保湿効果もより高めあっているようです。

朝、晩使うことで、リッチでコクのあるクリームがうるおい成分を肌に閉じ込め、弾むハリ感をキープ。みずみずしい肌を持続させます。クリームは肌なじみがよくべたつかず、こっくりとして濃厚。美容成分を肌に閉じ込める役割のあるクリームですが、いくら保湿しても水分保持力が衰えている年齢肌には必要なアイテムです。使うのと使わないのでは雲泥の差。目元、口元など乾燥による小じわが気になるところに部分使いや二度塗りもおすすめです。

朝にクリームはちょっと・・・という方もおられるかもしれませんが、日中しばらく時間が経つと乾燥小じわにファンデーションが入り込んでいる、朝はうるおっていたのに粉をふいているという経験はありませんか?水分を保持する力が衰える年齢肌こそ、朝のスキンケアにクリームをプラスしてください。肌内部の水分を閉じ込めることで1日持続したうるおいを感じる肌へと導かれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました