アスタリフト モイスチャーフォームの成分について解説

アスタリフトのモイスチャーフォーム(洗顔料)の全成分について解説します。

クリーミーでキメ細かな泡が、古い角質や毛穴の汚れまでやさしくしっかりと落とすフォームタイプです。洗い上がりはしっとりみずみずしく柔らかに洗い上げます。

それではアスタリフト モイスチャーフォームの全成分をみていきましょう。

100g 2,750円(税込)

販売名:AL モイスチャーフォームR

全成分

水、ミリスチン酸、BG、水酸化K、グリセリン、ステアリン酸、ソルビトール、ステアリン酸グリセリル、ラウロイルグルタミン酸Na、(ラウラミド/ミリスタミド)DEA、トコフェロール、水溶性コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、ダマスクバラ花油、シア脂、ホホバ種子油、ポリクオタニウム-39、脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステリル)、香料、フェノキシエタノール

ミリスチン酸、水酸化K、ステアリン酸が入っているので、ほどよい洗浄力と保湿力を兼ね備えた石鹸ベース処方なので、モコモコとしたクリーミーな泡立ちが実現しています。泡で洗うので肌への摩擦や刺激も少なく、古くなった角質や毛穴の汚れをすっきり落とします。

ヘマトコッカスプルビアリス油(アスタキサンチン)とトマト果実エキス(リコピン)2つの赤のパワーで皮脂などの蓄積ダメージをオフ。くすみの原因となりやすい古くなった角質や毛穴の汚れをすっきりと落とします。

洗い流す洗顔でありながら美容液などにも配合する水溶性コラーゲンを配合し、うるおいヴェールを作り上げ、洗うだけでしっとりリッチなうるおい肌へ整えてくれます。まさに「洗いながら、うるおす」のコンセプトで、洗顔による乾燥を嫌う方でもうるおいを失うことなくしっとりさっぱりの満足な洗い上がりへ。

ダマスクバラ花油と香料で香り高いダマスクローズを満喫でき癒しの時間となるでしょう。防腐剤はフェノキシエタノールです。全体として洗いうるおすことにアプローチしたシンプル処方となっています。

キメ細かく弾力のある泡が肌にはりつくので、マッサージをしたり、浴室では肘や膝、首筋などに使ったりと工夫している方が多いようです。それだけへたらない泡の感触のよさ、洗い上がりの肌の違い、リッチな使用感と肌の調子の底上げ感が人気の洗顔料です。洗顔は洗い流すものだから何でもいい、という方にこそ使ってほしい商品です。少量で泡立つのでコスパも抜群です。

スキンケアの基本は「洗う」こと。毎日の洗顔こそ素肌美の秘訣です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました